ドラッグストアの薬剤師が注目を浴びた出来事とは?それについて詳しく説明しているサイトです。

薬剤師が注目を浴びた出来事

ひと昔前は、お薬は診察してもらった病院でもらうというのが当たり前でした。その頃、患者さんは薬剤師と接する機会はあまりありませんでした。しかし、1990年代に医薬分業が徹底されることになりました。医薬分業とは、医師が患者の診察とお薬の処方指示行為を行い、それに基づいて薬剤師が処方行為を行うことをいいます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

処方行為といっても、単に処方箋どおりのお薬を準備するだけではありません。ここでの処方行為には、「医師がお薬の処方ミスをしていないか」や「他の医療機関で同じお薬が出されていないか」といったことをチェックすることも含まれます。

 

なぜ、薬剤師がこのようなチェックをするのでしょうか?お薬は本来、病気を治すためのものですが、間違った種類のお薬を服用したり、あるいは、1回に飲む分量を間違えたりするとお薬が毒となることもあるのです。例えば、他の医療機関で同じお薬が出されていたとすると、薬剤師のチェックなしに処方してしまえば1回で同じお薬を2倍摂取することになってしまい、かえって症状が悪化する可能性もあるのです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

薬剤師は処方箋をチェックしたり、患者さんにヒアリングを行うことによって問題点を発見するという、お薬の調合よりも重要な任務を負っているのです。 医薬分業は薬剤師のこの任務を表面化し、薬剤師が注目を浴びることになった出来事といっても過言ではないでしょう。



調剤薬局