ドラッグストアのドラッグストアの薬剤師

ドラッグストアの薬剤師

2006年に登録販売者制度が誕生しました。これは簡単に説明すると、ドラッグストアの取り扱い医薬品の9割以上を販売できる資格です。



登録販売者制度が誕生してから
最低限の薬剤師と多くの登録販売者で店舗を運営していこうという方向へシフトしています。




ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。



ドラッグストアにとっては、薬剤師しか販売できない医薬品を売るために人件費の高い薬剤師をたくさん配置することに何らメリットはないのです。

 

ちなみに、ドラッグストア等の医薬品販売業に就業している薬剤師の数は、4万人以上にものぼると言われています。これは薬剤師の約2割に相当します。現在、この4万人のほとんどが登録販売者に置き換わろうとしています。




調剤薬局