ドラッグストアの薬剤師の勉強期間とは?それについて詳しく説明しているサイトです。

2006年度から6年制に

薬学部は、2006年度から6年制になりました。そして、今後は原則として6年制の薬学部を卒業しなければ、薬剤師国家試験を受験することができなくなったことは既に述べました。

 

これは学校教育法が改正された影響によるものですが、この影響により多数の大学が4年制の薬学部を廃止し、6年制へとシフトしていきました。

 

しかしながら、一部の大学には未だに4年制と6年制の薬学部を併設しているところもあります。

 

卒業しても薬剤師国家試験を受けられない4年制の薬学部を併設して何のメリットがあるのかと疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

 

その答えは、薬剤師に限らず、薬学の知識を活かして多様な分野で活躍する人材を育成したいという大学側の意図があるからです。

 

とりわけ、製薬会社の研究・開発職は文系学部から就職するのが困難だということはご存知でしょう。その理由は業務遂行上、薬学の幅広い知識が要求されるからです。

 

また、MRは文系学部からでも就職しやすくなっていますが、やはり医師をはじめとする医療関係者とお薬等について専門的な話をするため、薬学の知識があれば非常に有利になります。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

このように、4年制の薬学部は企業で勤務したいと思っている方にはお勧めですが、入学後、薬剤師に進路変更しようとすると非常に苦労するので注意が必要です。



薬剤師 就職