ドラッグストアの薬学部の歴史と卒業後の進路について詳しく説明しているサイトです。

薬学部の歴史と卒業後の進路

薬剤師になるためには薬剤師国家試験を受験する必要がありますが、原則として薬学部を卒業しなければ受験することができません。ここでは、薬学部について見ていきたいと思います。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

薬学部とは、お薬全般に関する教育や研究を対象とする学部のことを指します。戦後間もない頃は医科大学や薬学専門学校として存在することが多かったですが、1970年頃から普通の大学に薬学部が設置されるようになりました。今では多くの大学に薬学部が設置されていますが、工学部や理工学部と比べるとまだまだ数は少ないといえるでしょう。その理由は、薬学部卒業者の多くは卒業後、薬剤師国家試験を受験するため、受験対策に対応できるような高度な教育とそれなりの資質を持った教授の確保が困難となっていると言われています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

薬学部卒業者の多くは薬剤師として活躍しているのでしょうか?2007年度に卒業生約9000人を対象にした調査によると、薬剤師を目指す人が圧倒的ながらも、大学院等への進学が約3割超もいるという結果がでました。そして大学院を卒業した人は、薬剤師免許が不要な施設に勤めているケースが多いことも判明しました。 したがって、薬学部に入学する人は、必ずしも薬剤師免許の取得を目指しているわけではないと言えるでしょう。



薬剤師 求人